FrontPage

こちらは京都のお寺、浄土宗大本山清浄華院が運営するホームページです。

お知らせ


  • 平成30年台風21号・平成30年北海道胆振東部地震につきまして
     
     去る2018年9月4日に発生した台風21号、並びに同6日に発生した北海道胆振東部地震につきまして、甚大なる被害が出ております。先ず以て被災された方々にはお見舞い申し上げます。
     お亡くなりになられた方々には至心に御十念を捧げ、また被災地のいち早い復興と、皆さまの心身共なるご回復を、心よりお祈り申し上げます。

平成30年9月9日 当院82世法主 宣誉龍海

 なお、台風21号にて本山堂舎に被害が出ましたが、人的被害については出ておりません。参拝も通常通り可能です。

9月9日11時現在


  • 2018.9.21 大本山清浄華院 秋彼岸が厳修されます。

    【日 時】
     平成29年9月21日(金)
    13:00~ 大殿布教
    14:00~ 秋彼岸法要

    くわしくは→こちら


24時間不断念仏会

 本年も24時間不断念仏会―京都の中心で仏の名を称えるが下記の日程で開催されます。
 この行事は東京増上寺、福岡善導寺などでも別時念仏を勤められている24時間不断念仏会さまとの共催で平成24年より行われています。
 世界各国の同志とインターネット中継を結び、一緒にお念仏をお唱えする画期的な不断念仏会、当山では今回7回目となります。
 ぜひご参加ください。

―京都の中心で仏の名を称える―

【道場(会場)】
京都市上京区寺町広小路上ル
大本山清浄華院 大方丈

【日 程】
2018年9月29日(土)~9月30日(日)

                9月29日 12:15~受付開始            
                    13:00~不断念仏開始(以後24時間)  
                9月30日 13:00 結願(終了にあたり感謝と回向のお勤め)
 

くわしくはこちら→24時間不断念仏会(観智院ホームページ)へ



  • 2018.09.01 参道敷石整備工事が行われています。

 8月完成を目指して作業しておりました参道敷石の整備工事ですが、悪天候等の諸事情により完成ず遅れております。境内通行と車両進入に関しては支障ありませんが各所作業中の箇所がございますので、お気をつけて通行ください。ご理解ご協力程宜しくお願い致します。




※不動講行事はこちら
NEW!! 12.26~28浄山不動講 八千枚護摩供

行事紹介


  • 2018.8.16 盆施餓鬼・献灯回向法要が厳修されました!!

    ./swfu/d/gyouji-houkoku/20180816bonsegaki (1).jpg

 お盆にあたり大施餓鬼会を営み、三界万霊と各家ご先祖様へのご回向をお勤めいたしました。

./swfu/d/gyouji-houkoku/20180816bonsegaki (2).jpg ./swfu/d/gyouji-houkoku/20180816bonsegaki (3).jpg

 また例年通り皆様から奉納された灯篭を境内にお飾りし、20時よりは境内から大文字送り火を遥拝いただきました。

./swfu/d/gyouji-houkoku/20180816bonsegaki (4).jpg


  • 2018.7.2 向阿忌が厳修されました!!

    向阿忌''

    向阿忌'' 向阿忌''

 当院第五世 向阿是心上人の年忌法要として毎年行われている向阿忌向阿上人は、鎌倉時代末に浄土宗の教えを分かりやすく仮名文で説いた『三部仮名抄』を記すなどして当院の門流「鎮西一条流」を確立され、浄土宗全体にとっても大きな功績を残されました。法要中、上人の御法語の一節を皆さまと奉読し報恩謝徳の心を献げました。

 

向阿忌''

 法要後は学僧であられた上人に因み、講演が行われています。本年は巡礼研究家・山本博子先生より「京都の四十八願所」と題し、江戸時代の京都で行われていた48ヶ所の阿弥陀如来を祀る寺院を巡る「洛陽阿弥陀四十八願所」の歴史や展開に付いてお話し頂きました。
 「洛陽阿弥陀四十八願所」には清浄華院も19番(19願所)として札所寺院となっております。
 近年、「本尊である阿弥陀如来の朱印は無いのか」というお問い合わせを頂く事が多くなり、この度この札所朱印を復興するという形を取って、阿弥陀様の朱印の授与を始めさせて頂く事になりました。お参りの際は是非お受け下さい。

 なお、「洛陽阿弥陀四十八願所」は巡礼対応が行われなくなって久しく、四十八ケ所の札所寺院であっても拝観、朱印対応をされていない寺院がほとんどです。各寺院の事情を尊重し、問い合わせ等もお控えくださいますようにお願いいたします。
 

向阿忌'' 向阿忌'' 

  • 2018.5.28 山王神事が厳修されました!!

    ''

 清浄華院の伽藍の守護神である山王大権現社(山王社)の例祭として山王神事をお勤めしました。
 平成23年に復興した山王社に対するお祭りは、11月28日に「御火焚祭」を復興して行ってきましたが、昨年浄花稲荷社も復興したため、御火焚祭は両社合同の神事となり、山王社独自のお祭りが無くなってしまいました。
 そこで歴史を紐解くと、江戸時代もやはり御火焚祭は山王・稲荷両社合同の祭りであったようで、各社独自のものは稲荷社には「初午祭(2月前後)」があり、山王社には「山王神事(5月)」が行われていたと分かりました。
 そこで今回、この山王神事を復興することになりました。記録によれば読経念仏の法楽の後に御斎という運びでしたが、今回はご法楽のみのお勤めとさせて頂き、山王さんへ日頃の伽藍鎮護を感謝致しました。


  • 2018.5.18 上御霊神社 御霊祭神輿法楽が厳修されました!!

    ''

 地域の産土神である上御霊神社さまの例祭である御霊祭の神輿に対し、読経念仏のご法楽を献げさせて頂きました。
 御霊祭の行列は江戸時代より寺町通りを通過し、当院では門前に提灯を掲げ神輿列向けて門内から役僧が礼をする習慣があったようですが、いつの頃からか全く関わらなくなっておりました。
 地域の神へ日頃の護念を感謝させて頂きたいという当院の思いと、地域的に当院が所属する北御座今出川口神輿会さまの北御座神輿400周年(平成31年)記念事業の高揚の思いとが一致し、平成28年度より当院門前での読経が実現しました。
 
 本年は総門敷石の工事中であったため、勅使門前での儀式となりました。浄山学寮生やつきかげ苑入居者の方々も参列し、地域の神さまへ感謝を祈念いたしました。


  • 2018.4.28 全国畳産業振興会依願 畳供養が厳修されました!!

    畳供養''

 毎年恒例となりました全国畳産業振興会依願による畳供養法要が今年も営まれました。畳は茶道を始めとする日本文化の土台であり、宗教文化にも大きな影響を与えています。そんな畳に感謝する法要として行われています。昨年より法要のみならず、「畳寺の畳まつり」と称して終日イベントを行っており、今年も沢山の方がお参り下さいました。

畳供養'' 畳供養'' 


  • 2018.4.21~23 大本山清浄華院 法然上人御忌大会が厳修されました!!
     当院の年中行事の中でも最大の法会、法然上人の年忌法要「御忌大会(ぎょきだいえ)」が奉修されました。21日22日の両日は、ご法主台下より払子(導師の象徴)を受け取り、法然上人を讃える諷誦文(ふじゅもん)をお唱えする「唱讃導師」が、お代理で導師を勤められます。本年は両日とも東京教区よりの御出座となりました。
  • 21日 御忌法要 

    御忌
    21日 日中法要唱導師 東京教区 天徳寺 藤本泰史上人

    御忌'' 御忌'' 

御忌
大殿布教 清浄華院布教師会 堀 有輝上人

  • 22日 御忌法要 

    御忌
    22日 日中法要唱導師 東京教区 玄信寺 倉 信法上人

    御忌'' 御忌'' 

御忌
大殿布教 清浄華院布教師会 北條秀雄上人

  • 23日 御忌法要 

    御忌
    真野龍海台下 御親修

御忌大会の締め括りとして台下御親修の法要をお勤めし、台下自ら「別式諷誦文」をお唱えされ、法要後には大衆揃って御廟を遙拝させて頂きました。

御忌'' 御忌'' 

御忌'' 
大殿布教 清浄華院布教師会 大門俊正上人


  • 2017.4.20 大本山清浄華院 開創開山 慈覚大師忌が厳修されました!!

    慈覚大師忌''

 当院が清和天皇の御願により建立された際に開山として招かれたと伝わる慈覚大師の年忌法要として、慈覚大師忌が奉修されました。大師御尊像を安置し、御法主による大師遺品の袈裟奉戴、当山式衆による引声阿弥陀経行道、三尊礼散華などが勤められました。また式中の献茶は方扣庵がお勤めになりました。

慈覚大師忌'' 慈覚大師忌'' 

 本年は法要後に翌日から始まる御忌の開闢として御影開扉の作法を取り入れ、また御忌会無事成満を祈念して鎮守社への法楽を行いました。





※『デジタル浄華』について。
 本ホームページの前身である「デジタル浄華」ですが、24年6月1日を持ちまして本ホームページに完全移行し、「デジタル浄華」は完全閉鎖致しました。ご了承頂けます様お願い申し上げます。

2012.6.1


更新情報


  • 2011.06.1 不動信仰・不動講のページを開設しました。
  • 2009.12.2 「第4回寺院運営セミナー」を行いました。
  • 2015.06.23 浄華105(冬号)を刊行しました。
  • 2015.08.08 トップページの情報を更新しました。
     

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional